合宿免許はどういうシステムなのか

バナー

合宿免許はどういうシステムなのか

合宿免許はどういうシステムで出来ているのかというと、車の教習を出来るだけ早く終了することが出来るように考えられたシステムになっています。普通に教習所に行くと、教習は自分の都合で適当に受けることになります。

そのため、効率よく教習を消化していくことが出来なくて、普通車ATの教習であれば、だいたい一か月ぐらい通うことになるのが一般的です。



ですが、合宿免許では、予め受ける教習の予定を効率よく組むことで効率よく教習を消化できるように考えられています。

そのため、このシステムでは生徒は教習所近くの宿泊施設に泊まりこみで教習を受けることになります。



教習所内に宿泊施設がある場合は、そこで泊まるところもあります。こうすることで、教習を効率よく受けることが出来るようになります。



車を利用した実習でも車が予め確保されていることで、優先的に合宿免許の生徒に既に割り当てられているので、効率よく教習が終わるようになるというわけです。

普通の教習のようにいつ生徒が来るのか分からないというわけではなく、全てがこのシステムを申し込んだ時点で計画されており、生徒はそれを受講して消化していくだけということになっているので、とても早くに教習が終了するというわけです。合宿という名前はついていますが、教習内容が厳しくなっていたり、短く省略されているようなことはありませんから、このシステムで習得できる技術や知識は他の教習と何ら変わることはありません。