新たに合宿免許で取得可能になった準中型免許とは何か

バナー

新たに合宿免許で取得可能になった準中型免許とは何か

道路交通法は、たくさんある日本の法律の中ではとりわけ頻繁に改正されるものの一つですが、合宿免許で自動車の運転免許を取得することを考えている人にとって、2017年3月12日に実施された道路交通法の改正は極めて重要です。
なぜかというと、運転免許の区分に新たに準中型免許が新設されたからです。



合宿免許コースを設けている自動車教習所では、もちろんこの準中型免許の取得も可能になっています。

準中型免許は、年齢が18歳に達していて、聴力や色覚、深視力に問題がなければ誰でも取得することができます。合宿免許でこの免許を取得すると、総重量が7500キログラム未満、最大積載量が4500キログラム未満で、乗車定員が10人以下の四輪自転車すべてを運転できるようになります。


もし、これより大型の車両を運転したい場合は、この免許を取得してから一定期間が経った後に中型免許か大型免許を取得する必要があります。


2017年3月に道路交通法が改正されるまでは、5トン以上の総重量の車両や、最大積載量が3トン以上の車両を運転するためには、普通免許を取得してから2年経った後に中型免許を取得しないと運転することができませんでした。

合宿免許はとっても評判が良くて有名です。

この状況下では、高校卒業後すぐに運送業に従事するときに、やや大きめの配送トラックで輸送を行う業務に就くことができず、業者側にとっても若くて一定以上の技術がある運転手を確保しにくく、問題となっていました。

人気の合宿免許はこちらのサイトで情報公開中です。

道路交通法の改正はこれに対応するために実施されたものです。