合宿免許と一般の教習所の違い

バナー

合宿免許と一般の教習所の違い

自動車の運転免許を取得する方法には、自動車教習所への通所ほか、運転免許試験場で直接受験する方法がありますが、確実に取得するためには教習所に通うのが一般的です。


短期間で運転免許を取得する場合は、教習所で実施している合宿免許を選択する方法があります。

自動車教習所では、教室で教科書とともに学ぶ学科教習と、実際に自動車を運転する実技教習とがありますが、実技教習では教習車の予約が必要となります。
運転免許は通常であれば1ヶ月程度で取得可能ですが、学生が夏休みや冬休みなどの繁忙期は教習車の予約が混みあうため、なかなか予約をとることができなくなり、取得に2ヶ月程度かかってしまうこともあります。



合宿免許は、入所時に免許取得までのスケジュールをある程度決めてしまうため、最短で免許を取得することが可能となっており、早ければ2週間程度で終えることができます。



一般の教習生は教習車の予約で四苦八苦しますが、合宿免許では優先的に実技教習を受講できるため、予約の心配をする必要もありません。



合宿免許に申し込む場合は、合宿地の選択から始めます。

合宿地を決定した後は宿泊場所を選択しますが、多くは教習所と提携しているホテルや旅館から選択することになります。

相部屋は料金が安くなりますが、2、3週間は他人と同じ部屋で過ごすことになるため、知り合いと一緒に申し込むか、もしくはシングルを選択するのが無難です。

シングルを選ぶと若干料金が高くなりますが、各種割り引きサービスもあるため、閑散期であれば通常の教習所に比べ少ない費用での取得が可能です。